なぜネットビジネスが拡大していくのか?

時代によって旬な仕事、かっこいいと思われる仕事、安定していると思われる仕事、人気の仕事は変わってきました。
時代の変遷そのものを表す指標になってきたと言っても過言ではありません。
数十年前であれば英語ができなければ、と言われた人も多かったでしょうし、安定性を重視するなら一部上場の大企業がいい、公務員がいいと言われた時代もあったことでしょう。
しかし昨今の経済状況や人間の仕事がAIに取って代わられる論など、様々な要素を考慮しても働き方が今後も変わり続けていくことは間違いありませんから、今後はどのようなビジネスモデルが良しとされるのか見極めることは非常に大切です。
今は一人の人が一つの会社で定年退職までずっと勤め続けることは少なくなってきています。一旦入社してしまえば後は仕事をこなしていけば老後も安心という時代ではありません。
いつ、会社を通さず自分一人の力でお金を作り出すことが必要にならないとも限らないということです。そうなった時に、お金を作り出すどんなチャンネルを持っているかが重要であり、そのチャンネルを多ければ多いほどいいのです。
しかし現実社会において、普通の人間が2つ以上のことにおいてプロフェッショナルであるのは並大抵のことではありません。例えば看護師であり会計士でもある人はほとんどいません。もっと簡単に言えば八百屋をやりながら魚屋する人はほとんどいません。
しかしネット上であればいくつものビジネスを同時にランニングさせ、かつそこから利益を生み出すプロフェッショナルになることは可能です。
ネットビジネスは様々な要素に左右されにくいという特性があります。まず時間や物理的距離に左右されません。安定したネット環境があれば何時でもどこでも仕事ができます。日本にいながら海外の幾億という顧客を相手にビジネスを展開できるかもしれないし、自身が海外に移住して日本の顧客に自分が日本にいる時と変わらないサービスを提供する、ということも可能かもしれません。
またネットビジネスはビジネスオーナーがどんな経歴の持ち主か、何歳か、はたまた性別が何かに関して、それ以外のビジネスに比べて制約を受けることが少ないでしょう。顧客はそこで何が提供されるか、いくらで提供されるのかに注目しているからです。
なんらかのサービスを提供する側も受ける側も生活そのものが多様化していく今後はますますネット上というグラウンドはどこよりも安定したビジネスフィールドになっていくことでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です